WiFiセキュリティ検証:WEP解析編

   

■大丈夫ですか?

今やWiFi環境は当たり前だのクラッカーですが、みなさん・・セキュリティは大丈夫でしょうか?

惰弱狙いのクラッカー(Cracker)があなたを狙ってるかもしれません・・・・ 😯 。

なーーーんてね 😆 、まぁ、新しめの機器使って、こまめにOSなり機器のファームなりの

アップデートをしていれば大丈夫です。大抵は。

ですが、アップデートもしていない古い機器や、もう既に惰弱性が明白になった規格の通信方式などを

そのまま使っていると・・・・・。

まぁ、論より証拠。実際にやって検証してみましょう。

■本日のお題と注意

今回はWEPキーを解読します。使う道具は以下です。

・PC:DELL vostro 1310

・無線子機:バッファローWLI-UC-GNME

・OS: Kali Linux

・ソフト:aircrack-ng

PCに内蔵のWiFiが調子が悪く、別にバッファローの子機を使用しました。

なお、当たり前の話ですが、他人の環境に対しWiFi解読を行うことは

犯罪になります。以下の検証は、私の自宅で行っております。

また、今回は詳しい説明を省略します。あくまでWEPキーの危険性を認識

していただくのが目的ですので。

 

■いざ検証

まずは周りのAPを検索・・・・おぉ、出てきた、出てきた・・

ターゲットが見つかったのでアターーーーク!

wifi(解析画面の動画)

なんだかんだで、キターーーーーーー!!!!ってか、マジかーーーーー!!

バッチリ、完璧にブッコ抜かれたーーーー!! 😯

やべーーー!変えなきゃ・・・・・ 😥

■結論

WEPキーはマジやばいっす。違うのに変えましょう・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 - ネットワークサポート情報 , , , , , ,